小鼻のあたりの角栓を気にする方は多いですね。小鼻のあたりというのは顔のほかの部分と比べて角栓がとくに目立ってできやすいような気がします。それは気のせいではなく、実際、小鼻のあたりの毛穴がほかの場所より多いからです。また、小鼻のあたりは鼻や頬など凹凸があるため汚れが貯まりやすいうえに洗いにくいという理由もあります。

 

角栓とは、毛穴の中にある皮脂腺から分泌された皮脂が毛穴の中で固まってしまったものです。皮脂だけでなく、毛穴の周囲の角質が毛穴に入り込んで固まる場合もあります。角栓の30%ほどが皮脂、70%が角質などのタンパク質なのだそうです。

 

角栓はニキビの原因ともなるので、角栓ができたら肌を傷つけないように取り除く必要があります。

 

角栓の正しい除去方法ですが、NHKの情報番組「あさイチ」によれば、指の腹を使って軽く押しだせるならこの方法で大丈夫だそうです。ただし、爪で押し出すのは肌が傷つくのでNGだそうです。

 

基本的に肌を傷つけないように角栓を取り除いたら、そのあとのケアがとても大切です。角栓を取り除いたらしっかり保湿ケアすることを忘れないでください。

 

もともと肌が持っている成分のひとつにセラミドというものがあります。セラミドは水分を貯めこむ働きをする成分です。そのため、角栓を取り除いたあとのケアにはセラミドを含む化粧水や美容液を使うと効果的で、毛穴が目立たなくなることも期待できます。

 

この番組の中ではふだんあまり動かさない小鼻のあたりの皮膚を動かして角栓ができにくくする「鼻エクササイズ」も紹介されていました。チャレンジしてみてはどうでしょうか。





カテゴリー : クレンジングについて