オルビスクレンジングリキッドに界面活性剤は使用されているのでしょうか。

 

オルビスクレンジングリキッドはクレンジングとしての効果がしっかりしているので人気の商品ですが、クレンジングリキッドのメイク落としの力が大きい分、肌にストレスがかかっているのではないかと心配する方もいらっしゃるでしょう。

 

オルビスでは洗い流さないスキンケア商品は肌に残るという性質上、界面活性剤は使われていません。でも、最後は洗い流してしまう、洗浄のために使うスキンケア商品やポイントメイクの商品には界面活性剤が使われています。

 

その理由は界面活性剤を配合しないと洗浄などの機能が果たせない、あるいは界面活性剤を配合することによって商品の品質を安定して保てるといったことが挙げられます。

 

界面活性剤には石油系に由来するもの、天然素材に由来するものなど、種類がいろいろあります。オルビスでは界面活性剤を使う必要がある場合も、肌に対して安全であると確認されたものを選んで配合しています。

 

界面活性剤とはどんな働きをしているものなのでしょうか。

 

界面活性剤の「界面活性」というのは、ふつうなら混ざり合わない性質を持つものどうしを混ぜ合わせることです。

 

この働きが利用されるのは、汚れを落とす洗浄剤、水と油をなめらかに混ぜる乳化剤、ポイントメイクなどに含まれる色素のかたよりを防いで均一に分散させる分散剤などです。どれも一部の化粧品には欠かせない働きをするものばかりです。

 

オルビスクレンジングリキッドは安心して使えるということを第一に考えて作られています。オルビスクレンジングリキッドはメイク落としの効果が大きいのですが、肌への負担を心配することなく使えますね。





カテゴリー : オルビスのクレンジングリキッドの気になる情報