オルビスクレンジングジェルとクレンジングリキッドはどうちがうのでしょうか。

 

オルビスクレンジングジェルとクレンジングリキッドの大きな違いのひとつが洗い上がりの肌の感触です。洗い上がりはしっとりなめらかがお好みならオルビスクレンジングジェルがおすすめです。洗い上がりがさっぱりすっきりしたほうがいい、という方にはオルビスクレンジングリキッドが合っています。

 

メイク落としの効果を重視するのならクレンジングリキッドのほうがややクレンジング力が高めなので、こちらがおすすめです。

 

こうした洗い上がりや使用感にちがいがあるので、メイクの濃さや肌質などを考えてお好みで選ぶとよいでしょう。

 

 

オルビスクレンジングジェルとクレンジングリキッドは、それぞれどのようにメイクを落としているのか、そのしくみをみてみましょう。

 

オルビスクレンジングジェルは肌にのせたときは厚みと弾力が感じられるジェルです。このテクスチャが、ジェルがメイクとなじんだとき軽い感触に変わることがわかります。オルビスクレンジングジェルに含まれる洗浄成分が汚れだけを包み込んでいるのです。

 

一方、オルビスクレンジングリキッドは、メイク汚れの種類によって異なる働きをする、水分となじみやすいアクアクレンジング成分を含んでいるのが特徴です。オルビスクレンジングリキッドはメイクとなじんでメイク汚れを浮き上がらせます。洗い上がりの肌はヌルつきやクレンジング成分の膜におおわれた感じが残らない、すっきりした感触です。

 

 

それぞれの特徴を知って、自分の肌に合ったクレンジングを選ぶとよいでしょう。





カテゴリー : クレンジングについて